小澤土木 ホーム > 土留・基礎杭・仮設桟橋工法

土留・基礎杭・仮設桟橋工法

バイブロハンマ工法

バイブロハンマ工法は、機体をクレーンで吊り、杭材の天端を掴んだ状態で鉛直方向の振動を発生させ、これを伝えることで杭材を打込む工法です。

振動を発生させるメカニズムの違いにより、従来ながらの大きな振動を伴う電動式バイブロハンマと比較的微振動での施工が可能な油圧式バイブロハンマの2種類に大別され、杭の打込み能力は高いものの、民家や構造物などに近接する場所など周辺環境に対する配慮が必要な作業条件下では問題が生じやすいのが現実です。 電動式、油圧式共にバイブロハンマ単独による打設工法と、比較的硬質な地盤に対応可能なウォータージェット併用工法があります。

アースオーガ併用工法

杭打機に装備したアースオーガに鋼矢板を固定した状態で、スクリューの回転によって地盤を削孔・排土しながら降下させ、鋼矢板の圧入を行います。所定の深さに達した時点でアースオーガのみを引抜くことで鋼矢板土留壁を構築する工法です。

オーガ削孔によって地盤に間隙を生じさせながら圧入するため、無振動・低振動工法であり、濁水などの問題も発生しませんが、ベースマシンとなる杭打機はクローラ式の直結三点支持式であり、鋼矢板の計画法線に沿ってこれが走行するためのヤードが必要となります。

また、杭の打込み反力を杭打機重量によって得る機構であることと、圧入する杭長に応じて杭打機のリーダーを長くしなければならないことから、長尺杭の圧入時には杭打機が大型化し、それに見合う作業ヤードが必要となるばかりでなく、周囲への威圧感や転倒の危険性が大きくなります。

既成杭工法

既製杭はコンクリート杭と鋼管杭(鋼管矢板含む)とに大別され、これを埋め込むための多種多様な工法があります。

パイルハンマ工
クローラ式杭打機のリーダーに装着したパイルハンマが発生させる振動によって杭を打撃し、打込む工法です。
プレボーリング工法
杭打機に装備したアースオーガによって削孔し、杭の支持層となる深さまで達した時点で根固め液(セメントミルク)を注入、アースオーガを引抜き後に杭を建て込んで沈設する工法です。
中堀工法
予めオーガスクリューを挿入した杭材を補助クレーンによって吊り上げ、杭打機に装着して、杭内部を削孔しながら圧入・沈設を行う工法です。 杭の打ち止め方法は、モンケンを自由落下させ、支持層に杭先端部を食い込ませるために振動を伴う中堀打撃方式と杭の支持層にセメントミルクを噴出し、オーガスクリューの回転によって土砂と撹拌させ、根固め球根を構築することによって支持力を発現させる中堀グラウト方式の2種類があります。

山留材(切梁・腹起)設置撤去工

土木・建築の基礎工事において、鋼矢板や親杭、地中連続壁などによって土留壁を構築し、掘削していく過程で、土圧や水圧によって土留壁が崩れないように支持させるのが山留材です。山留材は重仮設リース業者各社が独自に開発されたことによって、様々な種類があるものの、土留壁に取り付けたブラケット上で、構造計算に裏付けられた剛性を得るための規格のH形鋼(加工材)を現場で組立て、土圧に対する反力としての機能を目的としています。

設置時には、1次掘削完了後に地表面に近い1段目を設置し、その後も掘削にともなって2段目、3段目の順に設置していきます。 撤去時は、設置時と逆に埋め戻し作業と撤去作業を繰り返しながら一番浅い箇所に設置された山留材を最後に撤去します。

一般的に、掘削深さが深くなる程、土留壁にかかる土圧や水圧が増大することによって、山留材として使用されるH形鋼のサイズが大きくなるばかりでなく、既に設置された山留材の下での作業となるため、仕事がし難く、土圧がかかった状態での撤去作業を想定した山留材の割付け提案など、かなりの熟練度とノウハウが必要です。

ページの先頭へ

工法一覧

Contact

土質・施工条件などを踏まえ、最適な工法をご提案。

  • お気軽にご相談下さい。
  • 当社の保有機械
  • 当社の施工実績